母の日のお墓参りにカーネーションを供えても良い?選ぶべき色はある?

仏花 母の日1

毎年母の日は、かならず花をプレゼントしている、という方が多くいらっしゃいます。

そして、母親が亡くなった後も、

「お墓へカーネーションなどのお花を供えたい」
「好きだったお花を携えて、母親のお墓参りへ行きたい」

そう考える方が少なくありません。

この時、気になるのが、いわゆる仏花以外のカーネーションを供えて良いかどうか、供えて良い場合は、選ぶべき色やマナーがあるかどうかです。

今年も5月の第2日曜にやってくる母の日。

適したお花を持ってお寺や霊園へ足を運べるように、選び方やマナーを紹介いたします。

目次

母の日のお墓参りにカーネーションを供えても良い?

答えの前に、まずは母の日の起源に触れてみましょう。

現在は母親に感謝を伝える日、というイメージが強い母の日。

小さな頃から母親の似顔絵を描いたり、プレゼントを贈ったりしてきた、という方が多いと思います。

ですが母の日はそもそも、亡くなった母親を追悼する日、すべての母に感謝する日として誕生しました。

その歴史をひも解いてみましょう。

かつて、アメリカにアン・ジャービスという女性社会活動家がいました。

アンは南北戦争中、双方の兵士へ衣食を提供し、負傷兵がいれば手当てをしました。

戦後も教会を中心に活動を続け、平和に尽力したと記録に残されています。

このアンの娘であるアンナ・ジャービスが、母が亡くなった2年後の1907年5月。

母親を追悼したい、すべての母を称え母の日を作りたいと願い、アンの愛した白いカーネーションを教会で配りました。

これがきっかけで母の日が誕生。

アメリカから世界中に広まり、日本だけでなくカナダや中国などで5月の第2日曜が母の日と定められました。
その他の多くの国でも、それぞれが定めた母の日が制定されています。

つまり、白いカーネーションは母の日の起源となった当初から、母親へ供えられていた花なのです。

このような歴史から、カーネーションの花言葉には「無垢で深い愛」という意味が込められています。

起源や花言葉から考えても、カーネーションは母の日のお墓参りにぴったりの花と言えるでしょう。

お墓参りに適したカーネーションの色は?

仏花 母の日1

カーネーションは母親のお墓参りに供えて良い花です。

ですが、カーネーションであれば、どれでも良いわけではありません。

次は、色についてのマナーをみてみましょう。

母の日の本場アメリカでは、母親が健在であれば赤やピンクのカーネーションを、亡くなっている場合は白いカーネーションを胸に飾る習慣がありました。

このことから、日本のお墓参りでも白いカーネーションを選ぶのが良いとされています。

故人が亡くなって間もない四十九日までは、白や淡い色の花を供えるという慣習もあります。

このような時期のお墓参りにも、白いカーネーションが最適です。

カーネーションには他にもさまざまなカラーがあります。

仏花の基本として3色(白、黄、紫)、もしくは5色(白、黄、紫、ピンク、赤)という決まりがありますので、白だけでなく黄色や紫のカーネーションを入れると柔らかい雰囲気になるでしょう。

色としては問題ないのですが、黄色のカーネーションには「嫉妬」や「侮蔑」といった花言葉があります。花言葉の意味が気になる場合は、他のお花を選びましょう。

その他にも仏花は奇数で用意する、というルールがあります。

仏花にすると伝えれば、花屋さんで適したカラー、本数を選んでもらえますので、「母の日のお墓参りにカーネーションを供えたい」と相談してみてください。

カーネーション以外にもあるおすすめの花

母の日のお墓参りに適した花は、カーネーションだけではありません。

  • 見ごたえのある華やかなユリ
  • 主役を引き立てる可憐なカスミソウ
  • ふわりとした印象が美しいケイトウ
  • 女性らしい気品が感じられるシンビジューム
  • 供えたお花がきれいなまま長持ちするスターチス

など、女性らしい花がたくさんあります。

その他にも、母親が好きだった季節の花。
好んでいた色の花を選べば、嬉しい気持ちになるはずです。

最近はカーネーションやバラ、すずらん、梅、沈丁花といった香りの線香もあります。

生花と一緒にお花の香りを届ければ、より素敵な母の日になるでしょう。

まとめ

今回は母の日のお墓参りにカーネーションを供えて良いかどうについて、また選ぶべき色やマナーについて紹介しました。

最後にもう一度、ポイントを確認してみましょう。

  • カーネーションの花言葉には「無垢で深い愛」という意味が込められている、母の日の起源や花言葉からも、母の日のお墓参りに適している
  • 四十九日までは、白や淡い色の花を供えるという慣習があり、このような時期のお墓参りにも白いカーネーションが最適
  • 仏花の基本として3色(白、黄、紫)、もしくは5色(白、黄、紫、ピンク、赤)、奇数で用意するというルールがある

最近は女性らしい、エレガントな雰囲気の仏花が増えています。

母の日のお墓参りに出かけるなら、カーネーションやお母様が好きだった花を持参して、一緒に過ごした時間を思い出したり、近況や想いを伝えたりしてみましょう。

母の日は日曜日であること、爽やかな初夏の季節であることから、お墓参りに最適な時です。

お盆やお彼岸、命日だけでなく、母の日にも気軽にお墓参りに出かけてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次